Category Archives: フランスのこと

外国で喜ばれる日本女性の気遣い・心遣い

前回は日本女性とフランス女性の違いについて書きましたが、今回は外国で喜ばれる日本女性の気遣いについて 相手を気遣ったり、周りに気を配り、自分のことをひけらかさず謙虚でいることは日本人の良いところです。ヨーロッパなどで気をつけないといけないところは、気を配りすぎたり、相手を傷つけまいと他者に同調し過ぎていると八方美人にうつってしまうので気をつけてください。自分の感じたこと、思ったことを言ったほうがいいです。その時に必要であればクッションを入れて相手を否定しないように意見を言えると良いでしょう。「それも一理あるけれど私はこう思うわ」みたいなかんじで。 お呼ばれした時とかに、フランスではブーケやワインを持って行きますが、そういう時に日本のちょっとしたものをプレゼントしてあげるととっても喜ばれます。こういう時大きいオブジェのようなものは避けたほうがいいです。インテリアとの調和とかもあるので。日本の綺麗な包装に包まれたお菓子だったり、綺麗な柄の折り紙とか、日本の繊細な和を表現した、さりげないものが喜ばれました。 日本女性の穏やかで柔らかい物腰も好感度が高いですが、海外で生活するとなるとそれだけではだめです。主張するところは主張して、言うことは言っていかなければ、前々回のブログでも書いたけれど「言わなくてもわかる」は通用しません。気をつけてほしいのが、「自分の意見をしっかり言う」を取り違えて、ただの我儘・自己顕示欲・自己主張の強いだけの女になってしまっては本末転倒ですよ♡ そういう女性結構多いですから・・ 海外生活が長くても日本的な良いところはなくさずに、自分を見失わずに生きていくと良いと思います。 オリエンタルダンサー Hiroko Simon オリエンタルダンス・ピラティススクール Studio Hathor主宰   現在オンラインレッスンのみ8月末まで。出産のため9月、10月、11月は休講。12月からスタジオレッスン・オンラインレッスンともに再開。www.studiohathor.com

日本女性とフランス女性 結婚観

日本でも女性が自立してきているので、昔ほどでは無いと思うけれど、結婚をするとき、男性の収入、学歴、職業、安定性についてかなり重視しますね。お見合いとかでもそういう条件ありきですよね。対してフランス女性は日本女性ほどは気にしません。まずお見合い結婚というのがほぼ無い。女性が自立していて、まずはそのパートナーといて自分は心身ともに幸せかどうかというところが大事なポイントです。結婚にそこまでこだわりは無く、事実婚やパックスのカップルもたくさんいます。結婚後のパートナーとの関係性においてもかなり違いがあります。 日本女性は結婚、出産をして子どもを持つと徐々に母親として生きるようになり、パートナーに対して女性で無くなっていく傾向が強いようです。関係ないけれど、日本はママ~とか肩書きにつけたりそういった宣伝文句多いですよね。フランスではママをアピールするような現象はありません。話が戻って、パートナーとの関係がパパ・ママに特化していくのは、日本男性側にも責任があります。 フランスのカップルで女性はいつまでも女性であることを求められます。 ただ求めるのではなく、そのように男性が女性に接します。 結婚したらパートナーとの恋愛なんて面倒だと思う人は価値観の違いなのでそれでいいと思います。 ただ、フランス人にとってそうした関係はただの同居人、子どもがいても離婚になります。子どものために離婚しないという考えはあまり無く、愛の無い夫婦関係のもとで暮らすと子どもにも悪影響と考えるようです。 女性も自立しているので経済のために離婚できないということもありません。 そしてさっさと離婚をして子連れで再婚、再々婚というケースがとても多いです。 生活のためにパートナーがいるのではなく、パートナーとともに心身豊かな生活を築いていくことを重視している人達が多いからです。 オリエンタルダンサー Hiroko Simon オリエンタルダンス・ピラティススクール Studio Hathor主宰   現在オンラインレッスンのみ8月末まで。出産のため9月、10月、11月は休講。12月からスタジオレッスン・オンラインレッスンともに再開。www.studiohathor.com

フランス女性と日本女性

日本女性とフランス女性は考え方、ファッション、恋愛・結婚観等々かなり違います。 フランス女性は普段はカジュアルで楽な恰好をしているけれど、パーティなどになるとデコルテが開いてたり、体のラインの出たドレスでセクシーにきめるのが好きです。 シンプルなドレスにアクセサリーで遊んだり、ドレスのカットやライン、シルエットを楽しみます。で、ハイヒールは高め、そしてやっぱり赤の口紅が多いかな。 余談ですが、アラブ女性はぴかぴか、きらきら、光ものが好き。フランス人からするとキッチュであか抜けないという印象です。フランス人のアラブ系女性(2世や長くいる人)はフランス的なセンスの人も多かったです。フランスにいるとシンプルでエレガントな女性性が磨かれるのかなとは思います。 日本女性ってかわいいというイメージ。 服装だけでなくしゃべり方や仕草とかも。 パーティ向けのドレスなんかを見てもシルエットが少女的ですね。フランス人からすると、あんなお人形さんみたいな服は着たくないわとなりそうです。 ぶりっ子って言葉がありますが、 フランスだと女性だけでなく男性にも引かれると思います。 フランスの男性は女性に対してお人形さんみたいなお飾り的存在は求めていません。また若さもそこまでもてはやされません。きちんと自分の意見や人生観を持ち、中身の自立している大人の女性が好まれます。だからフランスのカップルには会話というのがとても大切です。過剰におしゃべりである必要は無いけれど、言わなくてもわかってほしいというのは通用しません。 アラブ女性もぶりっ子好きですね。やっぱりそうなってしまうのは女性に対して社会が未熟だから(日本以上に)。お飾り的な女性が求められるから整形なんかも盛んになる。フランスにいたシリア人の女性が「レバノン女性はみんな同じ顔してる」なんて冗談で言っていたけれど、まんざらじゃないですね。 フランスではかわいい=子ども。 元々フランス人にとって可愛いというのは「女性」への誉め言葉ではありません。エレガント、クラス(品がある)、美しい というのが女性への誉め言葉だし、フランス人は特にエレガントという言葉が好きです。 洋服や靴屋さんでも「マダム、とてもエレガントです」なんてよく聞こえてきます笑 次回は恋愛・結婚観について。 オリエンタルダンサー Hiroko Simon オリエンタルダンス・ピラティススクール Studio Hathor主宰   現在オンラインレッスンのみ8月末まで。出産のため9月、10月、11月は休講。12月からスタジオレッスン・オンラインレッスンともに再開。www.studiohathor.com

フランス語教室 Atelier mon canelé

主人の本格カヌレ専門店 Atelier mon canelé では隔週でフランス語レッスンを開催しています。現在はオンラインレッスンで継続しています。語学はお勉強じゃないので楽しんで学んでもらっています。 今日は主人がレッスン用に作成した会話集の翻訳がたまっていたのを、全部終わらせてすっきり。 フランス語教室のお問い合わせ www.ateliermoncanele.com

アラブスイーツ Pâtisseries orientales

Pâtisseries fines orientales moderne et artisanales. 昔の生徒さんがやっているトゥールーズのアラブ菓子屋 ” Les Caprices de Norah”   伝統を受け継ぎつづ、スイーツにうるさいフランス人の舌にも合うように洗練された味のオリエンタルパティスリーを作っているお店。プティフールのような綺麗なお菓子。配送できるので、この間はパリに住んでいる友人宅に送ってもらいました。お菓子作りはアルジェリア人のおばあさんから学んだそうです。高品質な材料を使用し、全て手作りだそう。安心して贈り物にできます。 1枚目の写真はグラセ:アーモンド生地にヴァニラとレモンの風味 2枚目の写真はバレンタインデーの時のセット 3枚目のきれいな薔薇はピスタチオとスパイスにシナモンを効かせたもの フランスに行ったら是非オリエンタル(アラブ)カルチャーにも触れてもらいたいわ♡  パリだったらL’IMAの美術館やイベント、コンサート、アラブ、地中海料理、アラブスイーツ。 パリは人種のるつぼ。ベトナム料理とかもすごく美味しいお店があります。

フランス人夫のお店「アトリエ モンカヌレ」雑誌FUDGEに掲載されました

主人のカヌレ専門店Atelier mon canelé 12/12発売のFUDGE(ファッジ)1月号の p123 東京の知る人ぞ知るお土産に掲載されました。 本場のクラシックカヌレです。 独自のレシピで全て手作り当日の焼き立てのみを置いております。素材にもこだわりカヌレに不可欠のラム酒においては、最高級ネグリータダブルアロムを使用しています。※長時間焼き上げているのでアルコール分は飛んでいます。お子様からお年寄りの方まで安心してお召し上がりいただけます。 全国配送も承っておりますので地方へのお土産にも最適です。カフェスペースもあります♪ www.ateliermoncanele.com

6/6