Blog

ワークショップ 11月 Oum Kalthoum

内容 Oum Kalthoum の踊り方。~Oum Kalthoumの曲を通して豊かな感情を踊りで表現できるように~ Oum Kalthoumの踊り方について学ぶワークショップです。 振付&歌詞の説明あります♪

ピラティスレッスンについて

恵比寿ピラティス教室は現在休講中ですが、プライベートとオンラインは可能です。あとベリーダンス教室でも基礎力アップにピラティス取り入れています。

母乳育児 

赤ちゃんといるとなんだか心地よい夢の中にいるようで、母乳の愛情ホルモンなのか頭がぽーっとするし。気づいたら来月末で1歳のお誕生日! 最初は混合がいいななんて思ってたのだけど2,3カ月あたりから自然と完母になりました。一応乳腺炎にならないようにハーブティーを飲んでいます。一度ちょっと忙しい時に乳腺炎になりましたが、助産師先生のアドバイスで四つん這い授乳をしたらすっと引いてくれました。母乳はやっぱりいいことずくめで赤ちゃんの免疫力がアップするし、この時期の母子のスキンシップとして素晴らしいものです。あとはとにかく楽。出かける時にミルクの準備をしなくていいし。授乳室も結構あるし、デパートとかは個室できれいな授乳室があるので助かります。 だけど母乳信仰とかは行き過ぎるとちょっと良くないし、何が何でも母乳!がために赤ちゃんが栄養不足になったりママさんがストレス感じたりしては本末転倒です。栄養がちゃんと取れていて愛情をたくさん受けていれば ミルクだからとか母乳だからとか関係ない。私はミルクで育ったけど、健康で母に感謝しているし。病院が母乳育児推奨で厳しかったとか話を友達とかから聞くと、そういう病院てどうなの?って思う。産後体力的にへとへとなママさん達を追い詰めて、ママにも赤ちゃんにも良くないですよねー。 フランスはミルク率のほうが高くて母乳育児少ないです。職場復帰も結構早いし。フランス人の友達はミルクのほうが便利で楽だからって言っていた。わたしからすると母乳のほうが楽だけど。ただミルク率高いからなのとオーガニックへの意識が日本より高いからオーガニック粉ミルクの多いこと。私も初期の混合の時はドイツからオーガニックの粉ミルクを取り寄せていました。日本てオーガニック粉ミルクないですよね。不思議ー。 娘はいつ卒乳するのかなって思うけどまだおっぱいから離れる気配はないな~ 夜もまだ授乳しているんだけど、最初の頃から娘は寝ながら飲んで、そのままずっと寝ているので割と楽。無理に断乳とかしたくないので自然に任せます。

8月のレッスン日

8/8、8/22  14時-15時15分 三鷹駅から徒歩4-5分 レッスンでは体の使い方を丁寧に説明しながらオリエンタルダンスの基礎をしっかり行います。ダンス未経験でもダンスの基礎が自然と身につくような指導をしています。音楽の解釈もしっかり行うので振付でも即興でも自然体で楽に踊れるようになります。 オンラインレッスンもやっています♪

7月のレッスン日

7月のレッスン日は11日と25日の14時~16時です。

三鷹ベリーダンス教室 今後のレッスン日

2月は14日と28日になります 1月はオンラインレッスンにしていましたが、2月は通常通りスタジオレッスンになる予定です。2月のレッスン日は14日&28日です♪

ベリーダンスのアームムーブメント 初心者さん・妊婦さんも 

わかりやすくシンプルに。肩甲骨と腕の関節を柔らかく使い、肩の力を抜きましょう♪

♥レッスン情報♥

8月のレッスンは空きがございません。9月、10月、11月はレッスンお休みです。12月からスタジオレッスン&オンラインレッスン再開します♡ 詳細は11月にウェブサイトでお知らせします。 Costume : Bénédicte Poirier (Les ateliers hétérocrites) Photo : Cherki Pro オリエンタルダンサー Hiroko Simon オリエンタルダンス・ピラティススクール Studio Hathor主宰   現在オンラインレッスンのみ8月末まで。出産・産後休養のため9月、10月、11月は休講。12月からスタジオレッスン・オンラインレッスンともに再開。contact@studiohathor.com www.studiohathor.com

外国で喜ばれる日本女性の気遣い・心遣い

前回は日本女性とフランス女性の違いについて書きましたが、今回は外国で喜ばれる日本女性の気遣いについて 相手を気遣ったり、周りに気を配り、自分のことをひけらかさず謙虚でいることは日本人の良いところです。ヨーロッパなどで気をつけないといけないところは、気を配りすぎたり、相手を傷つけまいと他者に同調し過ぎていると八方美人にうつってしまうので気をつけてください。自分の感じたこと、思ったことを言ったほうがいいです。その時に必要であればクッションを入れて相手を否定しないように意見を言えると良いでしょう。「それも一理あるけれど私はこう思うわ」みたいなかんじで。 お呼ばれした時とかに、フランスではブーケやワインを持って行きますが、そういう時に日本のちょっとしたものをプレゼントしてあげるととっても喜ばれます。こういう時大きいオブジェのようなものは避けたほうがいいです。インテリアとの調和とかもあるので。日本の綺麗な包装に包まれたお菓子だったり、綺麗な柄の折り紙とか、日本の繊細な和を表現した、さりげないものが喜ばれました。 日本女性の穏やかで柔らかい物腰も好感度が高いですが、海外で生活するとなるとそれだけではだめです。主張するところは主張して、言うことは言っていかなければ、前々回のブログでも書いたけれど「言わなくてもわかる」は通用しません。気をつけてほしいのが、「自分の意見をしっかり言う」を取り違えて、ただの我儘・自己顕示欲・自己主張の強いだけの女になってしまっては本末転倒ですよ♡ そういう女性結構多いですから・・ 海外生活が長くても日本的な良いところはなくさずに、自分を見失わずに生きていくと良いと思います。 オリエンタルダンサー Hiroko Simon オリエンタルダンス・ピラティススクール Studio Hathor主宰   現在オンラインレッスンのみ8月末まで。出産のため9月、10月、11月は休講。12月からスタジオレッスン・オンラインレッスンともに再開。www.studiohathor.com

日本女性とフランス女性 結婚観

日本でも女性が自立してきているので、昔ほどでは無いと思うけれど、結婚をするとき、男性の収入、学歴、職業、安定性についてかなり重視しますね。お見合いとかでもそういう条件ありきですよね。対してフランス女性は日本女性ほどは気にしません。まずお見合い結婚というのがほぼ無い。女性が自立していて、まずはそのパートナーといて自分は心身ともに幸せかどうかというところが大事なポイントです。結婚にそこまでこだわりは無く、事実婚やパックスのカップルもたくさんいます。結婚後のパートナーとの関係性においてもかなり違いがあります。 日本女性は結婚、出産をして子どもを持つと徐々に母親として生きるようになり、パートナーに対して女性で無くなっていく傾向が強いようです。関係ないけれど、日本はママ~とか肩書きにつけたりそういった宣伝文句多いですよね。フランスではママをアピールするような現象はありません。話が戻って、パートナーとの関係がパパ・ママに特化していくのは、日本男性側にも責任があります。 フランスのカップルで女性はいつまでも女性であることを求められます。 ただ求めるのではなく、そのように男性が女性に接します。 結婚したらパートナーとの恋愛なんて面倒だと思う人は価値観の違いなのでそれでいいと思います。 ただ、フランス人にとってそうした関係はただの同居人、子どもがいても離婚になります。子どものために離婚しないという考えはあまり無く、愛の無い夫婦関係のもとで暮らすと子どもにも悪影響と考えるようです。 女性も自立しているので経済のために離婚できないということもありません。 そしてさっさと離婚をして子連れで再婚、再々婚というケースがとても多いです。 生活のためにパートナーがいるのではなく、パートナーとともに心身豊かな生活を築いていくことを重視している人達が多いからです。 オリエンタルダンサー Hiroko Simon オリエンタルダンス・ピラティススクール Studio Hathor主宰   現在オンラインレッスンのみ8月末まで。出産のため9月、10月、11月は休講。12月からスタジオレッスン・オンラインレッスンともに再開。www.studiohathor.com

10/75